レーシック手術の割引制度を有効活用

手術代が高額なレーシックなのですが、そんな手術代は安ければ安いほど嬉しいことです。
最近では、レーシック手術の割引制度を採用している病院がたくさん出てきています。

 

レーシックを行っている病院は全国各地に多数あり、病院同士で集客の争いのために積極的に採用をしています。
レーシックの資料取り寄せをすると割引券を貰えたり、病院のウェブサイトから割引券が印刷出来たりなど様々あります。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 まずはクリニックへ行く前にウェブサイトなど隈なくチェックをするようにしてください。
またネットオークションで1円から販売されていることもあるので、覗いてみると良いでしょう。

 



レーシック手術の割引制度を有効活用ブログ:21/04/01

「シェイプアップ中は間食を控えるべき」
というのは、みなさまご存知だとは思いますが…

ついつい間食してしまうという人は、
ご飯を食べてから数時間でウエストがすいてしまい、
手軽にウエストを満足させるために、
お菓子などを食べることが多いですよね。

食後数時間で肉体の脂肪がエネルギーとして使われ始めますが、
砂糖を多く含む食品を食べることで、
インスリンが分泌されて肉体の脂肪燃焼がストップしてしまいます。

つまり、
しょっちゅう間食をしている人は、
体脂肪が燃焼する暇を与えないので、
体脂肪が燃焼しにくい肉体になっていくわけです。

また、ウエストがすいている時に食べるので、
ついつい食べ過ぎてカロリーオーバーになります。

砂糖を多く含むお菓子などを食べれば血糖値は急上昇し、
インスリンが多量に分泌されます。

同じ糖質でも、
ごはんなどに含まれるでんぷんより、
砂糖のほうが消化吸収が早いので、
ごはんよりもお菓子のほうが急激に血糖値が上昇します。

砂糖を多く含んだお菓子などを食べることで
急激に上昇した血糖値は、インスリンの分泌によって急激に下がります。
血糖値が急激に下がれば、すぐに空腹を感じます。

砂糖を多く含む食品は、一時的にはウエストが満足しますが、
意外と早く空腹を感じる(腹持ちが悪い)ので、
以降のご飯を減らすことが難しくなり、
結果として、カロリーオーバーしやすい食生活になってしまうのです。

こうして食生活が極端に糖質を多く含む食品に偏ると、
インスリンの過剰分泌によって血糖値が下がるのも急になりますので、
肉体の脂肪がエネルギーとして使われる間もなく…

「激しくウエストが減る→間食する」
という悪循環に陥ってしまいます。


ホーム サイトマップ