そもそもレーシックってどんな治療なのか

そもそもレーシックってどんな治療なのか


そもそもレーシックってどんな治療なのか
レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。

手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。 現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。





そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:21/09/07

ダイエットを実行していると、
しばらくの間は「ストーン」といった感じで、
順調に体重が減ります。

ところがしばらく経過すると、
どんなにダイエットに効果的だということを実行しても
体重が減らなくなる時期がきます。

「オレはダイエットに向いていないかも」
「オレはダイエットできないんだ」
ダイエットに挫折した経験のある方は、
この時点でこう思ったことはありませんか?

でも、ダイエットをしているときに
なかなか体重が落ちないという時期は誰にでもあるもの。
ダイエットには、停滞期というものが必ず訪れます。

これは、今まで摂れていた食事の量が減ったことで、
からだが飢餓状態に陥っているのではないかと思って、
エネルギーを消費しないようにして、
飢餓を切り抜けようとするからだの本能なんです。

ホメオスタシスとも言うそうですが、
これは誰にでもある、人間のというより、動物の本能なんです。

ダイエットに成功した人と挫折した人との分かれ目は、
ダイエットの停滞期を耐え切ることができるかどうかの
勝負とも言えるかもしれません。

ダイエットをしているときに、なかなか体重が落ちないことは
ダイエットに成功した人も必ず通る道…
このように考えてみてはいかがでしょう。

そうすれば、体重が減らないことに
不安を感じることもなくなり、精神的にも余裕が生まれます。

そして、
「体重が減らない」ということに焦点を当てず、
「体重が増えなかった」ということに着目しましょう。

体重が増えなければ、
ダイエットは少なくとも後退はしていないのですから!


そもそもレーシックってどんな治療なのか

そもそもレーシックってどんな治療なのか

★メニュー

大切なのはレーシックの実績数
もうコンタクトレンズは必要ありません
レーシック手術の割引制度を有効活用
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
100%失敗しないとは限りません
そもそもレーシックってどんな治療なのか
安全性の高いレーシック手術
レーシックの手術方法を理解しよう
日本国内でのレーシック実績
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)みんなのレーシック完全マニュアル