100%失敗しないとは限りません

100%失敗しないとは限りません


100%失敗しないとは限りません
レーシックによって失敗をしてしまうことは殆どありませんが、100%無いとは限りません。
人の手で手術が行われている以上、ミスを起こしてしまうことが考えられるので万が一のことを考えてよく下調べしておきましょう。

レーシックで視力を回復することが出来た人達は、手術前に自分自身でよく下調べをしているものです。
しかし感染症にかかってしまったりして失敗してしまった人達の多くは、自分自身での下調べをしてなかったことがよくあるのです。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。 まずは病院で起こった合併症や感染症の感染率を事前に必ず確認をしておきましょう。
もしその時に、レーシックを受ける候補に入れていた病院で発生率が高かった時には、別の病院を利用するようにしましょう。





100%失敗しないとは限りませんブログ:21/04/07

昨日、実家の片づけをしていたところ、
母が昔着ていた洋服がたくさん出てきたので、
もらってきました。

僕の母が若かった1960年代というのは、
ミニスカートが大流行したりして、
とってもおしゃれだったようですね。

母の若いころの写真を見ると、
昔の映画や雑誌に出てきそうな洋服を着ていて、
今から見ても結構イケてます。

それに、
そのころは洋服も大量生産ではなかったようで、
母の服も洋服屋さんや知り合いに縫ってもらった
手作りの服がほとんどです。

生地やボタンもとっても凝っていて、
今、同じものを買おうとすると僕には
とても手が出ないんじゃないかなぁ…と思います。

僕はお子さんのころから、
母のそんな洋服が大好きでした。

母は仕事もしていたし、
3人のお子さんがいましたから、
普段は仕事や家事に追われて、
服装にもかまっていられなかったようですが…

幼稚園の体操会とか遠足、家族でお出かけなんていうときは、
僕の大好きなワンピースやスーツを着てくれるので、
とてもうれしかったのを覚えています。

母とお揃いの生地でつくった洋服も何枚かあって、
そんな服を着た日はうれしくて大はしゃぎしていました。

母の洋服を見ているとそんなことをいろいろ思い出して、
「あぁ僕って母のことが大好きだったんだなぁ」
と改めて思いました。

その中には
母とお揃いだった洋服もありました。
それはもう今ではシミだらけで着ることはできないのですが、
あまりにも大好きなので、捨てるに捨てられず…

こうしてガラクタがたまっていくんだなぁ…と思いつつも、
この服だけはずっと手元に置いておこう!と
僕は思っています。

100%失敗しないとは限りません

100%失敗しないとは限りません

★メニュー

大切なのはレーシックの実績数
もうコンタクトレンズは必要ありません
レーシック手術の割引制度を有効活用
サポート体制が整っているレーシッククリニックを選ぶ
100%失敗しないとは限りません
そもそもレーシックってどんな治療なのか
安全性の高いレーシック手術
レーシックの手術方法を理解しよう
日本国内でのレーシック実績
レーシックにおける保険金の給付


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)みんなのレーシック完全マニュアル