日本国内でのレーシック実績

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。
視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。

 





LED電光看板ナビ
URL:http://led-pro.co.jp/effect/about.html
LED電光看板


日本国内でのレーシック実績ブログ:21/03/27

ダイエットをしていても、
ついつい手が伸びてしまう、甘いおやつ。

甘いおやつには、糖分が多く含まれていますから
カロリーも必然的に高くなります。

これを間食や夜食で食べる習慣がついてしまっては、
ダイエットも大変です。
しかも、こういった甘いおやつには中毒性があります。

白砂糖を摂取し続けると、
甘いおやつを食べないとイライラして、
食べずにはいられない体質になってしまいます。
まさに、太りやすい肉体になってしまうんです。

甘いおやつをやめるにはどうしたらいいのでしょうか?

まず大事なのは、
いきなり全面的に禁止しないことです。

大好きで今まで連日のように食べていた甘いおやつを、
いくらダイエットのためとはいえ、
いきなり今日から全面禁止にするのは難しいですよね。

肉体が欲しているものをいきなり全部止めようとすると、
肉体は逆にもっと欲しがります。

これは甘いおやつに限らず、
食事制限やトレーニングなど、
ダイエットのすべておいていえることでもあります。

ダイエットのためにカロリーコントロールしようとしても、
いきなりガクンと食事量を減らし続けることはできませんよね。

でも、連日少しずつカロリーを減らしていくようにすれば、
意外とスムーズにカロリーコントロールできてしまうものです。

トレーニングにしても同じこと。
今までトレーニングなんてほとんどしてなかったのに、
いきなり連日5kmジョギングしようとしても
なかなか続きませんよね。

まずは、通勤や通学の行き帰りで
ちょっと遠回りして歩く時間を増やすだとか、
エスカレーターやエレベーターを使わず、階段を使うようにすることから始めて、肉体を動かす習慣をつけたほうが賢明でしょう。


ホーム サイトマップ