日本国内でのレーシック実績

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。
視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。

 





LED電光看板ナビ
URL:http://led-pro.co.jp/effect/about.html
LED電光看板


日本国内でのレーシック実績ブログ:21/05/05

オーブンで焼けたパンやパイ生地の香ばしいにおい、
ストーブの上でコトコト煮える
ハヤシライスやおでんの食欲をそそるにおい…

私の家には
いつも食べ物のにおいがたちこめていた記憶があります。

お母さんは本当に料理が好きで、
戦後まもなくフランス料理の教室に通い、
覚えた料理をせっせと作ってくれたものです。

食事の時の
フォークやナイフの使い方といったテーブルマナーも、
家できっちり覚えさせられました。
 
風邪をひいた時、
みなさんはお粥など消化の良いものを食べると思いますが、
我が家では風邪にはカレーか茶碗蒸し!

茶碗蒸しは私の大好物なので、
風邪をひくと「小田巻き蒸し」と言って、
うどんが入った茶碗蒸しをよく作ってもらいました。

我が家のモットーは
「風邪をひいたら元気をつけること」。
時には外に牛丼(大盛り)を食べに行ったりもしましたよ!

9時ごはんも気合いが入っていて、
お母さんはよく前の晩から大きな寸胴鍋に鶏がらスープのだしを取り、
「獅子頭」という中華の大きな肉団子と、
春雨、白菜がどっさり入ったスープ煮を作ってくれました。
それを食べて、家族の24時間が始まったのです。

もともと料理の本を読むのが好きで、
お母さんがよく読んでいた「きょうの料理」が
いつの間にか私の愛読書になっていました。

大学の進路で悩んでいた頃、
兄貴から
「そんなに料理の本を見るのが好きなら、いっそのこと料理本の編集をやったら」
私と薦められ、
自身もどうしても料理を学びたくなって、
家政学部への進学を決めたのです。

さあご飯食べよ〜っと。

ホーム サイトマップ