日本国内でのレーシック実績

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。
視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。

 





LED電光看板ナビ
URL:http://led-pro.co.jp/effect/about.html
LED電光看板


日本国内でのレーシック実績ブログ:21/12/06

おはようございます!(´・∀・`)ノ

みなさんは聞いたことがありませんか?
「トレーニングするのをやめたとたんに太っちゃったよ」
という元スポーツマンの言葉を…

そしてそのような人は、
スポーツマンではなかった人よりもむしろ太った人が多くいませんか?

この言葉にこそ、
筋力量を増やすことにより
基礎代謝をアップして痩せようとするシェイプアップに対する
問題点が明らかにされています。

それは、
「筋肉量はトレーニングを休むと減少する」ということです。

これは極めて常識的なことなのですが、
ことシェイプアップの話をするときだけはなぜか忘れられがちであり、
一旦ついた筋肉量はその後のトレーニングとは関係なく不変と思い込み、
つまり「一旦ついた筋肉はトレーニングをやめてもずっとついたまま」と
勘違いしている人があまりにも多いのです。

もちろん、
ずっと筋力を維持するために背筋や背筋といった
トレーニングを続けることができさえすれば、それはすばらしいことですが、
忙しい現代人に定期的にトレーニングする時間を確保することは、
結構難しいことですよね?

ここでのポイントはあくまで「定期的に」です。
なぜなら筋肉は定期的に刺激を与えないと低下するため、
自分の好きなときだけジムに行ってトレーニングをするスタイルでは、
その次にトレーニングを行う期間がある程度開いてしまうと、
その間に筋肉は低下してしまっているため、
筋力の維持ができてないのです。

ではなぜ、元スポーツマンはスポーツをやめると
スポーツを元々していなかった人より太るのでしょうか?

それはもちろん、食べ過ぎているからです。
食べすぎをどうにかしない限りは結局は太るのです。

この単純な理屈をしっかり理解しなければ、
シェイプアップは上手くいかないと思います。

明日はいい日かな〜

ホーム サイトマップ