レーシックの手術方法を理解しよう

実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシックを受けに行ったら想像していたものと違う」とならないようにしっかりと勉強をしておくことが大切です。

 

レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に麻酔となる成分が含まれており、このことを点眼麻酔と呼んでいます。
もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。 実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的に抗生剤の入った目薬を挿して終わりで、おおよそ15分〜30分程度で全ての過程が終了します。

 



レーシックの手術方法を理解しようブログ:21/04/25

内臓脂肪は健康を害するリスクを高めますが、
有酸素トレーニングを行うことで、皮下脂肪に比べると、
脂肪が素早く落ちるというメリットがあります。

しかし、有酸素トレーニングは、
身体を引き締める筋肉は付きにくいという特徴もあるので、
シェイプアップのためには、
筋肉を鍛える無酸素トレーニングを行う必要もあるのです。

有酸素トレーニングと、無酸素トレーニングを組み合わせることによって、
筋肉の量が増えることで内臓脂肪を落とし、
皮下脂肪も燃焼しやすい身体を作ることができます。

筋肉が付くことで、身体は引き締まりますので、
アンチエイジングを考えたシェイプアップが実現できるんですね。

有酸素トレーニングで代表的なのは
ウォーキング、水泳、ジョギング、サイクリングですが、
どの有酸素トレーニングでも、きちんと呼吸を行って、
リラックスしながら行うのが良いみたいです。

呼吸を行うというのは、
ウォーキングやジョギングでも
会話ができるスピードをキープするという意味です。
会話を楽しみながら…というのが理想的なんですね。

無酸素トレーニングは、
トレーニング器具や短時間で素早く走るランニングが良いのですが、
高いトレーニング器具をわざわざ購入する必要はありません。

ダンベルを使って、
ひとつひとつの筋肉を
じっくり鍛えるだけでも十分に効果がありますよ。

ただし、身体に無理をさせないくらいに設定した、
重さのダンベルから始めるようにするのが大切です。

女性の場合は1キロくらいかでも十分に効果がありますので、
慣れてきたら少しずつ重さを増やすようにすると良いでしょう。

有酸素トレーニングと、無酸素トレーニングを組み合わせて、
理想の身体作りを目指しましょう!


ホーム サイトマップ